避難用品を揃える

避難用品

地震が起きた場合、自宅で過ごせるとも限りません。
自宅が危険な場合は、避難します。その際に、持っていくべきものをリュックに用意しておくとスムーズでしょう。
また、避難用品一式は、持ち出しやすいところに保管しておきましょう。
念の為、リュックには身元を確認できるようなものを入れて置くと良いでしょう

持ち出すのに最低限用意しておくとよいもの

持ち出し用品は、各家族の人数も考えながら用意しましょう。

水は必ず、用意しておきましょう。
長期保存可能なもので、500mlのペットボトル2本くらいでよいでしょう。
4本あればなおよいですが、あまり重くなると、避難の邪魔になります。
折り畳み式の非常用給水袋を持っていれば、給水の時に役立ちます。
お金・身元を確認するもの
財布に身分証明書を入れている方がほとんどだと思いますので、避難用品にプラスして財布を持っていくと良いでしょう。お金は、お札が使えない場合があるので小銭があると便利です。
通帳については、持ち出したほうが安全か、自宅の方が安全か、意見が分かれるところです。
自宅に保管する場合でも、避難時、通帳のコピーを持っていくと後で役立つこともあります。避難用品に加えておきましょう。また、健康保険証のコピーも入れておくと良いでしょう。。
非常食
レトルト食品、缶詰、チョコレート、かんぱんなど、火を使わなくても食べれるものを用意しておきましょう。
あらかじめ、用意しておく場合は、長期保存可能なものを保管しておくと良いでしょう。
懐中電灯
夜など暗い場所や停電に対応するためにも、懐中電灯は必要です。
電池式の場合は、予備の電池も用意しておきましょう。
ソーラー電池式や、手動充電式の懐中電灯もあります。避難が長期化した場合には、そちらの方が役立つかもしれません。
携帯電話・ラジオ・充電器・Wi-Fi
連絡や情報収集をするのに役立ちます。
携帯電話の充電器は、ソーラーや手動式のものを用意しておくと便利です。ラジオについても同様です。
救急用品・生理用品・ティッシュ・簡易トイレ
ガーゼ、テープ、湿布、消毒液、マスク等最低限の救急用品を入れて置きましょう。
女性は、生理用品を入れて置くと安心です。
赤ちゃんがいる場合は、オムツや赤ちゃん用品や離乳食も必要になるでしょう。
女性の生理用品は、避難が長期化して下着が洗えない場合などにも活用できるため、便利です。
ティッシュや除菌ウエットティッシュも入れておきましょう。ウエットティッシュは、お風呂に入れない場合など体を拭くのにも役立ちます。
簡易トイレを用意しておくと安心です。災害時に、トイレに行きたくなっても、すぐ見つかるかもわかりませんし、使用できない場合もあります。
はさみ(カッター・ナイフ)・布テープ・ライター・三角巾・軍手
これらがあると避難場所で、物がない場合、いろいろと工夫して作ることができますし、避難時など何かと活用できます。
三角巾は、けがをした際の、止血や固定にも使えます。
寒さ対策・着替え・タオル
寒さ対策としては、毛布やアルミブランケット、カイロなど。
着替えは、洗濯できない場合があることも想定して、用意しておきましょう。余裕があれば水のいらないシャンプーも入れておくと便利です。
雨合羽・レジャーシート
雨合羽は、雨が降った時の対策として。
レジャーシートは、敷物としてはもちろん、いろいろな活用ができそうです。
ポリ袋・メガネ・笛(防災用)
ポリ袋は、何かと役立つはずです。場所も取らないので、1、2枚入れておきましょう。
意外と忘れるのがメガネです。コンタクトをしている方は、メガネを入れておきましょう。目が見えにくいと避難時に見えずらく、けがのもとになったり、避難先の生活がしづらくなります。
笛(ホイッスル)は、助けを求める際、声では気づいてもらいにくい場合に活躍します。
また、声を出し続ける体力の消費防止になります。小さなお子様に持たせるのも良いでしょう。

他にも、考えれば必要なものもありますが、あまり重たくなりすぎても避難しづらくなってしまします。必要だと思われるものを厳選して、重さに余裕があれば増やしていくことをお勧めします。
揃えるのが大変だという方は、非常用持ち出し袋がセットで販売しています。
高いものもありますが、安いものは2,000円くらいで購入できます。