備蓄品を用意しておく

まずは、水から

災害時には、水道、電気、ガスが止まったりして、十分な生活環境が保てないことがあります。そのため、備蓄品を用意しておくと安心です。
支援物資が来るまでの時間を想定し、最低でも3日分の物を確保しておくと良いと思います。
備蓄品で一番重要なのは、水ではないでしょうか。
1人1日3リットルとして、3日分の水を保管しておくと良いでしょう。
ウォーターサーバーなどを購入されている方は、備蓄用の水が常にあるようにストックしておくという方法もあります。賞味期限に、気を付けましょう。
長期保存可能な備蓄用の水も売られています。
実際に震災が起きた場合、水が止まってしまうことがあります。
しかし、震災直後であれば、水が出る場合があるので、風呂やバケツなど、できる限り水を確保しておくと良いでしょう。

そして、食料品

食料品の備蓄について、普段から食料品をある程度購入されている方は、そんなに買い貯めなくても大丈夫かと思いますが、震災が起きた場合は、水道、電気、ガスが止まる可能性もあります。
救援物資が届くまでの間、水道、電気、ガスが使えなくても食事が可能なレトルト食品や缶詰などを保管しておくと良いでしょう。
さらに、乾麺や米など長期化保存可能な食品を、ある程度備えておくと、支援物資がなかなか届かない場合に安心です。
ガスが使えなくなった場合は、電子レンジが使えますが、電気、ガス両方使えなくなった場合、カセットコンロがあると調理ができて便利です。