室内の震災対策

室内の安全確保

室内の地震対策として、家具の転倒防止があげられます。
大型家具や家電については、地震時には倒れてくる可能性があります。
今ある家具について、見直してみましょう。


配置を工夫してみる

家具が転倒した際を考えてみましょう。
避難経路を塞いでしまう可能性はありませんか。
寝室や、よく座る場所に背の高い家具はありませんか。地震で倒れた際、押しつぶされる可能性があります。なるべく背の低い家具を置くようにしましょう。
大きな揺れが起きた場合、家具の移動で窓ガラスが割れてしまうこともあります。配置を変更することで、そういった事態を防止することも可能だと思います。
各部屋に、ここは安全だというスペースを設けていると、地震が起きた際、そこに避難できます。
家具の配置を見直してみてはいかかでしょうか

家具を固定する

棚やタンスを天井や壁に固定します。
固定する器具については、様々なものがありますので、部屋に取り付けやすいものを探しましょう。
ネジや釘を使うことに抵抗がある場合は、壁に貼って固定するものも売られているので、自分に合ったものを購入されると良いと思います。
2段になっている棚や、棚の上に家電や物を置いている場合は、揺れたときに落ちてこないように固定しましょう。

収納の仕方を見直す

高いところに、重いものを置くのをやめて、なるべく低い場所に収納するように心がけましょう。
取り出しが楽になるというメリットもありますよ。
扉付の棚に収納しているものは、大きな地震では飛び出してきて危険です。揺れを感じたら自動的に扉をロックしてくれる器具を、取り付けて、飛び出しを防止するという手もあります。
また、扉が開かなかったとしても、ガラス扉の場合、ガラスが割れて、収納していたものが飛び出してくる場合があります。ガラス飛散防止フィルムを張り付けておくと安心です。
できそうなところから、少しずつ見直してみてはいかかでしょうか。