震災時のお金

持ち出すお金の中身

地震時の避難袋にお金を用意する場合は、なるべく細かい方が良いでしょう。
例えば、1万円ではなく1,000円札を10枚、小銭も500円玉や100円玉を中心に入れておきましょう。
自動販売機や公衆電話など、1,000円札が使えない場合があります。
財布の中には、家族や知人の連絡先のメモも入れておくと良いでしょう。充電不足や破損など携帯電話が使えなくなった場合、電話帳を確認することができません。
以前は、自宅や友人の家などの電話番号を、暗記している方もいましたが、最近は携帯電話の普及で、電話番号を覚えていないという方が、ほとんどではないでしょうか。
また、電子マネーも役に立つことが多いと聞きました。


震災時のお金の調達方法

避難後、しばらくは手持ちのお金で過ごすことができますが、避難が長期化した場合、生活費はどうしたらよいのでしょうか。
震災などで、避難する場合、通帳や印鑑をもって避難できるとは限りません。
また、家が倒壊して、通帳や印鑑を取ることができなかったりする場合もあります。
お金を引き出したいとき、どうしたらよいのでしょうか。
東日本大震災のときには、政府や日本銀行から金融上の措置が取られました。
預金証書や通帳を紛失した場合でも、預金者本人であることが確認できれば払い戻しに応じる、印鑑がなくても、拇印で応じるなどです。
本人を確認できるものを持っていれば、安心です。さらに、通帳のコピーを持っているといいでしょう。
災害時には、金融機関は柔軟に対応してくれます。身分証明書がなくても、金融機関によっては対応してくれるかもしれないので、諦めず問い合わせましょう。
震災時には、生活費、修理費など様々な費用が掛かることが想定されます。いざという時の為、普段からある程度のお金を貯金しておくと安心です。


最後に

地震は、どこで、いつ起こるか分かりません。
大きな地震では気が動転していることもあります。
そのため、一度、地震が起きた場合を想定して想定しておくと、実際に地震が起きたとき、自分どう行動したらよいかの助けになるはずです。
また、非常時の備蓄品などを備えておくと、役に立ちます。
九死に一生を得るという言葉もあります。
何がその原因になるか分かりません。助かるための機会を少しでも増やしておきましょう。